2007年11月22日

妊娠線が出る原因

妊娠線、どうして出来てしまうのでしょうか。

一度出来てしまうと消すことができないといわれる妊娠線。
できればしっかりと妊娠線ケアして、妊娠線が出ないように予防をしたいですよね。

まずは、妊娠線ができてしまう原因を知ることから始めましょう。
原因が分かれば、それを防ぐ、予防することができますよね。

ということで、妊娠線が出来る原因です。
妊娠線が出る原因、それは皮膚組織の断裂が原因だそうです。

どうして皮膚組織が断裂してしまうのか、というとそれは、大きくなるお腹なんですね。
赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなるのは自然なことです。

それとともに、急激に体重が増えたりすることでさらに断裂がおきやすくなるそうなんです。

一度出てしまった妊娠線は消すことができないということですから、しっかりと妊娠線予防をすることが一番。
妊娠線予防クリームを利用して、妊娠線ケア、予防、していきましょうね。

同時に体重が一気に増えないように妊婦ダイエットもしましょうね。
posted by あき at 20:46| 妊娠線の原因